CAR VOICE

CAR VOICE

大切の大切に乗ることの重要性

私は結婚前に購入した軽自動車を大切に運転しています。

 

しかしいくら大切にしても、やはり月日の流れに沿って劣化してきました。

 

所持している自動車はダイハツのムーヴなのですが、我ながら良い買い物をしました。

 

当時軽のワゴンタイプが人気となり、スズキのワゴンRと人気を二分化していたのがムーヴです。

 

 

個人的にダイハツの自動車が好きなのですが、ネックは価格でした。軽なのに高い!しかも割引き率が少なすぎる!それでも今後長く愛用するには少々の価格差を考えない様にし、当時働いていた私はキャッシュでお買い上げしました。

 

 

あの時ムーヴを買った決断は正しかったと思っています。
結婚して子供が生まれ、チャイルドシートを取り付ける事になりました。

 

 

車内が狭い軽自動車にチャイルドシートを設置するのって、かなりの苦労です。
更にこれからはここに赤ちゃんを乗せる訳です。

 

 

 

ポンっと赤ちゃんを乗せるだけでは勿論NGで、ちゃんとシートベルトをする義務があります。この際にママは身体を小さくするので、天井が低い自動車だと腰を痛めます。赤ちゃんも何となく窮屈そうだし、車には少しの荷物しか積めません。

 

 

ムーヴの様なワゴンタイプの軽自動車は今でこそ各メーカーからこぞって売り出しているものの、当時は少なかったです。

 

 

 

そして私の愛車であるムーヴの劣化に伴い、各メーカーの軽自動車を見比べる様になりました。次買い替える車を物色しています。それでもやはりダイハツが魅力的で、ミラクルオープンドアで間口が広いタントに魅力を感じます。広々空間で低燃費ときたら、言うこと無しです。

 

 

 

しかし子供達が成長してチャイルドシートやジュニアシートが必要なくなった今、広々空間を優先する理由があるのか疑問です。

 

 

それよりも低燃費に重点をおいたミライース辺りでも良いのかもしれません。毎回ダイハツばかりに目が行くので、今度はホンダや日産の軽も下調べしてみようと思っています。

 

売り方を学ぶことも重要

今乗っている車がついに10万キロを超えそうなので、そろそろ乗り換えを検討しています。

 

乗り換えるにあたり、車の売却をディーラーで行おうと思っていましたが、中古車販売店の友人の話では、下手にディーラーで下取りをすると安く買いたたかれることがあるとのことでした。

 

 

残念ながら友人は東京で働いており、私が住んでいるところからは離れすぎているため、友人の中古車販売店を利用することが出来ないので、自力で情報収集をしています。

 

 

自動車の売値というのは、その店によって大きく異なるらしく、必要としている車種がまったく違う業者では買取値が大幅に差がでるそうです。

 

 

そのため、中古車販売店で売るにしても、しっかりと売る業者を見極めないと、そこでまた損をしてしまう可能性があるとのことでした。ディーラーでの下取りにすると、中古車販売店の間にディーラを挟むことになるので、手数料などのマージンが発生してしまうらしく、どうしても買い取り額が安くなりやすい傾向にあるそうです。

 

 

 

そのため、中古車販売店でしっかりと自分の車を高く買ってくれる業者を見つけることが一番高く車を手放す方法といえるでしょう。

 

 

 

今の車は10万キロを超えているので高い金額では売れないにせよ、数千円でもいいから高く売ることができれば、次の車の購入時の足しになるので、しっかりと業者を見極めて売ろうと思います。

 

三菱自動車問題を語る

最近三菱自動車の燃費を不正していたことが大きなニュースとなっています。

 

当初の話では開発部の部長一人が独断で行っていたかのような発表となっていましたが、どうやらこれは企業ぐるみでやっているみたいですね。

 

恐ろしい事にこの燃費の不正はなんと25年も前から行われていたら誌ですし、こんな長期間一人の人が他の社員を騙すなんてことが出来る訳がないですし、間違いなく三菱自動車全体で行っていたのでしょう。

 

 

 

他社の車が開発される際、その車の燃費を入手し、どのように走行試験のデータをいじくればその燃費となるかを逆算して机上で計算し、その改ざんされたデータを国に提出していたみたいです。

 

 

この様な行為は消費者をなめているとしか思えませんし、三菱自動車の企業としての信頼が確実に崩れました。

 

 

三菱自動車といえば、リコールを隠していたり、トラックの部品の破損を整備不良として報告していたりと、問題を起こしてそのつど謝罪をして、企業の体制を改善しているものだと思っていました。ですが、今回のことは以前の不祥事の頃から行われていたことであり、何も変わっていないどころか、改善をしようともしていなかったことが判明しました。

 

 

 

このような不祥事の姓で、三菱の車の市場価値はかなり下がっているみたいです。中古車市場での三菱の車の買取価格は暴落しているそうです。

 

 

また、中古車として購入するときにはあえて三菱の車を選ぶと良いかもしれません。燃費は表記より落ちはしますが、安全性に影響があるわけではないので、購入する人にとっては得をするかもしれません。

 

 

 

一番せつないのは三菱の車を売却しようとしていた人です。今回の件で不正の対象となっている車種は買い取り価格がかなり下がっているどころか、店によっては買取を拒否するところも出てきているみたいです。車を大事に乗っていても、こんなことで買い取り価格が下がってしまうなんて悲しすぎます。

 

 

 

この件で車の所有者に対して三菱がどのような対応をするかが見ものです。なんにせよ、数百億円以上のお金がかかるといわれていますし、三菱自動車の経営が大きく傾く事は間違いないでしょう。

更新履歴